Wakiya 広報ブログ Wakiya各店のお得な情報をお届けします。

今日の脇屋友詞

今年の目標


脇屋友詞です。
新年早々、素晴らしく縁起の良いメールをある方からいただきました。
“脇屋さんの頭文字、アルファベットの「W」を調べたら元々の由来は「V」が2つ続いて「W」になったとのこと。「V」が2つは「Victory」が2つ。脇屋さんのこれからが象徴されていますね。良い年になりますように”
 
新しい年が始まり、今日は赤坂の由緒ある氷川神社で我がグループの先頭に立つスタッフと共にご祈祷をしていただき、今年一年の決意を新たにしてきました。
 
昨年12月にオープンしたばかりの海老名サービスエリアの上海DOLLは、お正月のあいだビックリするほどの来客数。店長も料理長もクタクタ、でも前向きな姿勢で頑張ってくれています。これからの海老名はホットスポットとして、良い空間と食事でますます注目が高まって行きそうな気がします。
 
さて、1月5日からは七草粥を皆さまに食べていただこうと各店でご用意しています。お正月に食べるおせちというのは、やはり年の初めを祝うものであり、縁起の良いものが凝縮されています。そしてそれを過ぎるとやはり暖かく、香りがよく、刺激のあるものを食べたくなる。というのは人間の性でしょうか。うちのピリッと辛い担担麺が無償に食べたくなってきました。
 
今の時期はホウレンソウがとっても甘くて美味しくなってきています。包丁でスパスパと切り、にんにくは包丁の腹でパシッとたたきます。にんにくを熱したフライパンに入れて焦がさないようにあたため、ほど良い色がついたところでホウレンソウを投入。塩、鶏のスープで煽ること1分30秒。真っ青な葉と茎の赤いところがピカピカに輝き、それを皿に盛りつけてフウフウ言いながら食べる。口の中で「ああ美味しい、シンプルなのに何でこんなに美味しいのだろう!」と感じます。このホウレンソウ、ぜひお試しあれ。サッと炒めるだけで本当に美味しく出来上がります。
 
今年の目標は、「まず足元から」身だしなみをしっかり。身だしなみとは自分のこと、そして店のこと。窓という窓、鏡という鏡、映るものはすべて順番にきれいにしてお客様にいつもきれいだね、と言われるようにしていきたいと思います。
整理整頓、輝く自分、輝く店づくりをしていきます。
本年のどうぞよろしくおねがいいたします。

恭喜發財 新年の賀、財をなす事を祈ります

脇屋です。
早いもので、もう一月も半ば。びっくりの速さですよね。
続きを読む

2011年の脇屋友詞の誓い

皆さま、新年明けましておめでとうございます。
しんしん、こんこんと雪降る地の皆さま、またあたたかな日差しを浴びている地の皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
続きを読む

カウントダウン開始

脇屋です。
年の瀬も押し迫ってきました。間もなくクリスマス、この時期レストランは本当に大忙しなんです。クリスマスが終わったと思った途端におせちの段取り、仕込み。おせちが終わったと思えばお正月、これまた結構忙しい。
この慌ただしい中で、スタッフ全員が一丸となって今年一年を締めくくるカウントダウンに入りました。
最近、やけに一日が早く、一週間、一ヶ月があっという間に過ぎて行きます。そんな中おもしろいように色々な人との出会いがあり、様々な仕事をさせていただき、また新たな挑戦に向けて突き進んでいます。
さて、先日料理教室にいらしていたお客様から、NHK『きょうの料理』の野菜床を作ってみたらすごく美味しくて、これ一つあればいろんなものに使えるわね!とお褒めの言葉をいただきました。一緒にいらした方に「そんなに美味しいのなら譲って」と頼まれ、野菜で作った床(ぬか床のようにお肉や魚を漬け込み、うま味のしみ込んだものを焼いたり揚げたりします)をお分けしたところ、これまたびっくり、大変喜んでいただきました。
これをぜひWakiyaの名物にしたいなぁ、と考えています。
本格的な冬を迎え、いろいろな食べ物が美味しくなる季節です。皆さん、ぜひ工夫して美味しく楽しく豊かな食卓をつくってください。
それでは、また。
野菜床に興味のある方は、ぜひ
こちらまで。

LAへ行ってきます!

私、脇屋は今年もロサンゼルスで開催されるAmerican Wine and Food Festivalに行ってまいります。あのユニバーサルスタジオの映画村の中で約3000人のゲストを迎え入れ、しかもそのチケットは250~350$!Why!? 一体いくらになるんでしょう?アメリカってスケールが大きいなぁ。一億円ものお金が体の不自由な方々のために寄付されるのです。
しっかりとした規律の中で料理を作るシェフ、また会場ブースの造作、デコレーション、各国から来るシェフ達の手配、スケジュール管理、”ウェルカムパーティー”から“さよならパーティー”のセッティングまで、本当に規模が大きく、しっかりとしている。
僕が参加するのは今年で8回目ですが、行くたびに感銘を受けて帰ってきます。料理を作る人、食器を下げる人、ごみを片付ける人、全ての人がボランティアで集まり、皆で成功させるために努力をしている。その姿勢が素晴らしい。それもやはりウルフギャング・パックさんやノブさん達が力を結集してできる技ではないかと。微力ですが、私脇屋もスタッフ5名を引き連れ今年もがんばってきます。
今年は何が飛び出すか?カリフォルニアのワインもいろいろ出るし、ラスベガスのあのシェフに会うのも楽しみ、イタリアからのシェフ、中国からのシェフ、NYはもちろんのことアメリカ各地からのシェフと会えるのが楽しみです。彼らのパワーをもらってより大きなパワーにして帰ってくるつもりです。イベントの模様はまたここでご報告できると思います。お楽しみに!
では、また。

新宿御苑 GTFグリーンチャレンジのつどい 2010

厳しい暑さが今日も続いていました。
発見しました、僕は。暑い暑いと思っていましたが、炎天下に朝八時半から夕方5時過ぎまで立っていたら暑さを感じなくなりました。汗は噴き出す、噴き出す。水を飲めど飲むと汗をかき、また水を飲むのくりかえし、の9時間でした。ほんとうにこんな長時間太陽の下にいたのは何年ぶりだろう??白浜の海岸で、朝6時半からアイスボックスにビールを沢山詰め込み、民宿から着替えて真っ白な砂浜にシュパッ、グビッとビールを2本立て続けに飲み、太陽の下でサンオイルをたっぷり塗って真っ黒になるのが好きな若者でした。耳をすますと波の音、若い女の子の声、子どもの鳴き声、そこに流れてくる矢沢栄吉の音楽。あぁ、夏っていいなぁとビールをあと2本飲むとほろよいでいつのまにか寝てしまい。2時間たったら顔が熱い、身体が熱い、・・・みなさん経験ありますよね。
そんな若いころの自分を思い出させてくれた、今回は誰もが知っている東京のど真ん中、新宿御苑です。“GTFグリーンチャレンジ2010”久々の顔の照り、熱さ、やっちゃいました。昔はサンオイルでしたが、今となっては気がついたら顔が痛くなり、鏡を見て笑っちゃいました。顔がまっかっか、タコのようです。大至急!日焼け止め!と叫びながら塗ったところでもう遅し。この日焼けは名誉の勲章ということで。
子どもと大人の皆さまにも食を通して何かを感じてもらおう、物の大切さ、食の大切さを伝えようということで70名の料理人達に参加していただきました。
あのロシェルの坂井さんも駆けつけてくださり、田村隆さん率いる和食の方々、落合さんのイタリア料理協会の方々、日本中国料理協会の方々、ほんとうに本当に心から感謝申し上げます。どうにか第一日目を通過しました。
ボランティアで参加してくれた服部学園の生徒の皆さん、八王子実践高校調理士科の生徒の皆さんたちも「安いよ、うまいよ、いかがですか~!」と大声を張り上げてくれました。この暑さのなかで何事もなく無事終えることができたのは、参加してくれた皆さんのおかげです。
明日も朝から大変ですが、未来の大人たちのために、食の大切さ、喜びを発見してもらえるようがんばります。明日も一日脇屋友詞はおります。ぜひともいらしてください。そしていろんな料理人達の料理を食べていただければ嬉しいです。
では、また明日。再見!

新宿御苑 GTFグリーンチャレンジのつどい 2010

脇屋です。
この暑さで食欲減退気味の時にとってもおいしい料理をひとつご紹介しましょう。
まず、枝豆。今が旬、とっても甘い。生の枝豆を二枝買い、面倒でも皮をむいて豆だけ300g用意。
それと、香りのよい上等のベーコンを30g(我々中国料理では塩豚肉が一番)。さらに四川の山椒小さじ1/2、鞍馬の山椒小さじ1/2。お湯をたっぷり沸かし、豆を入れて2分、それをサッとざるにあけ、空いた鍋にはごま油、刻んだベーコン、2種類の山椒を入れゆっくり丁寧に焦がさないよう煎り上げる。そこにチキンスープを150cc、ボイルした枝豆を素早く入れ、ベーコンの塩分を確かめて足りない分の塩を少々。スープが無くなるまで炒め煮にしていく。シャー、シャーっと。うまみが枝豆を覆います。
スープがほぼ無くなったところでごま油を小さじ1。お皿に盛り付けて出来上がり。
これを贅沢に大きいスプーンですくってかじるうまさ!豆の味と山椒の香り。ベーコンの塩気。あー、ビールがうまい。
今日一日のご褒美に自分の身体にお疲れさまと言いたくなるうまさ。
残った枝豆は、絹ごし豆腐1/3とボウルの中でぐるぐる混ぜ、塩と胡麻油を少々、生姜のすりおろしを小さじ1。これを炊きたてのごはんの上にのせて食べると絶品。豆腐のうまさと枝豆のきれいな緑。ご飯が2杯、今日も食べ過ぎ・・・
とにかく元気の出る一品です。作ってみたい方、ボイルした枝豆でやってはいけません!生の枝豆を使うから100倍おいしくなるんです。お試しあれ。

さて、本題のお知らせ。
8月28、29日。ところは新宿御苑。「GTFグリーンチャレンジのつどい2010」食の集い“都会のオアシスで環食わしょくを食べよう”
何とスーパーシェフが勢ぞろい。フレンチの巨匠・坂井宏行、イタリアンの巨匠・落合務、和食の伝道師・田村隆この3人のスーパースターと脇屋が登場します。入場料大人200円、こども50円。
そしてこのテーマに賛同してくれた日本中国料理協会が誇る最強のメンバーがおいしい環食を用意します。
四川飯店のマーボー豆腐あり、雅叙園の肉みそそばがあり、ニュージーランド牛のステーキ丼、京王プラザのおいしい温前菜、一笑美茶樓のデザートとトゥーランドットの野菜たっぷりぶっかけそば、などなどなど。残り3人、スーパースター達のメニューはまだ明かしませんが。これらの料理がひと皿500円で食べられる!子供達に食の楽しさと喜びをを感じてもらおうという初めての企画です。
もし、夏休み最後でお時間のある方は、朝10:00~17:00まで。2日間、僕はおります。ぜひ声をかけてください。一人でも多くの方にこのイベントを通して食の大切さを感じてもらえればと思っています。
では、また。
GTFグリーンチャレンジのつどい 2010 公式サイトはこちら。
http://www.gtf.tv/index.html

暑い日にはコレ!です。

脇屋です。
昨日、今日と2カ月ぶりの料理教室。お客様の笑顔とやる気、そして暑い暑いと言いながら厨房の中での皆さんの質問はプロ並み!圧倒されました。皆さんのリクエストはあまり手がかからず、できるだけ手軽に美味しいもの、という難題。それで、今回はWakiyaのドレッシングを使った料理を中心に紹介しました。
一品目は甜麺醤と芝麻醤を合わせた中国風のなす田楽。賀茂なすのジューシーさに味噌が絡まり絶妙な味。蓮の葉の上に焼きあがったものをのせ、まわりに色々な野菜を飾れば目にも鮮やかな前菜の出来上がり。
続いては、Wakiyaの「ピリ辛十味ドレッシング」を使って揚げ物。「ドレッシングは生野菜にかけるだけじゃないんですよ」と言ったところ、皆さん「えーーーー!?」鶏肉を小口にカットし、ピリ辛十味ドレッシングを絡め、卵と小麦粉をつけて油で揚げる。カリカリッに揚がったところで取り出し、今度は沢山の唐辛子、山椒を炒めて香りを出し、分葱を加える。そこに鶏肉を戻しさっと和えてできあがり。その香ばしさといったら目にしみるほど。「ピリ辛十味ドレッシング」の味が鶏肉にのり、思わずビールを3杯飲みたくなる美味しさ!夏場は辛いものを汗だくだくかいて、アーとかヒーとか言いながら食べるのが旨さのひとつである。
もうひとつのドレッシングは「チャイナでトマト」。美味しいフルーツトマトを3個カットし、「チャイナでトマト」を大さじ6と混ぜ合わせ、そこに大さじ2の酢を加えるだけ。これで何と“トマトの冷やし麺”のタレが出来上がり。あとはきゅうり、大根、セロリなどを細く切り、ボイルして冷たーく冷やした麺に盛り付ければできあがり。ビタミンいっぱいで美味しい。ぜひお試しあれ。これは簡単すぎるので、もう一品。 なす、ズッキーニ、玉ねぎ、トマト、きゅうり、ピーマンなどをサラダオイルで炒め、油むきしておいたトマトの乱切りを加えてさらに炒めること2分。トマトから水分がでてきたら、「チャイナでトマト」を大さじ6。ジュワジュワーとトマトが溶け出し、野菜に絡まればOK!塩が足りなければ少々、最初ににんにくを炒めてもよし。冷やしたものをお豆腐にのせて食べれば、これまた美味しいチャイナ冷奴。

まだまだレシピーはありますが、今日はこのくらいで止めておきます。興味のある方はぜひお試しください。手軽で美味しく栄養満点の料理ができること間違いなし。
それでは、また。

Wakiyaのドレッシングに関するお問合せはこちらまで。
TEL: 03-3568-1888
info@wakiya.co.jp


美味しいフォトセッション

昨日までのギラギラ太陽が一変、雨が降ったり止んだりのどんよりとした空模様でした。
今日は9月にホテルニューオータニ幕張で行われる「SUPER WAKIYA 11days!!」のための写真撮影に行ってきました。このイベントは脇屋の料理と、あのスーパースイーツの生みの親、ホテルニューオータニのシェフパティシエ中島眞介さんによるデザートのコラボレーションなのです。考えただけでも、(特に女性は)ワクワクな企画ですよね。
撮影はまず、中島シェフと脇屋のツーショット、真面目バージョンからスタート。黒バックに白いコックコートと帽子が映えます。
すでにコラボを経験済みの2人、和やかなムードです。

続いては調理場にてメニューの相談をしながら、の1枚。中島シェフが考案中のデザートを身振り手振りを交えて語ります。

この料理人2人の貴重なディスカッション風景を、いいショットで撮ろうとカメラマンさんは必死。さまざまなアングルに挑戦してくれました。その様子がこちら。

彼の視線の先には、熱く意見交換する2人の姿があったのでした…


「SUPER WAKIYA 11days!!」は9月10日(金)~20日(月・祝)まで、ホテルニューオータニ幕張にて開催されます。
詳しいことはまたこちらでもご紹介します。

暑い熱い毎日!

脇屋です。暑い日が続いています。
一笑美茶樓の食材研究会、昆布と日本酒との素晴らしいコラボ。自分なりに良かったと思っています。
昆布の奥深さ、採れる産地によって本当に味が違って、蔵囲いというのも本当に面白い。それに何といっても黒龍の酒と合わせるということにお客様がとても喜んでくださいました。調理場も暑かったけれど、お客様も熱く、次回の予約をしていく人が100%近い、という感じでした。本当にありがとうございました。皆さんに喜んでいただけることを励みにこれからも新しいものを考えて作っていきたいと思っております。
良いお知らせです。
昆布を使ったメニューと黒龍の日本酒を召し上がりたい方は、3日前までにご連絡いただければ2名様より食材研究会と同じ料理をご用意します。プラス、黒龍のお酒をグラスで召し上がっていただくことも可能です。(銘柄はスタッフにお問い合わせください)。黒龍の仕込み水も味わってみてください。ご連絡お待ちしてます。以上嬉しいお知らせでした。

続いて本日は、寺子屋マダムキッコとの料理教室、昼と夜のクラスで総勢32名。テーブルコーディネートもきれいで、色々な食器を使いお客様の目の前で料理を作り、楽しんでいただくことができました。ものすごい暑さと熱気で頭がクラクラ、皆さんの熱心さに感動。それとマダムはもちろんのこと、妹の恵美子ちゃん、いとこのみすずちゃんは素晴らしく動きが早く、的確なアシスタントぶりに脱帽!
今日のビールもたぶん、プハーッ、美味しいことだと思います。

あさってから利尻、礼文へ昆布の視察へ、今年の昆布はどのように育ち、大きくなっているか確かめに行ってきます。
昆布に入れ込み過ぎかなぁ・・・
それでは、また。