8月14日に香港のインターコンチネンタルホテルで開催された農林水産省主催のイベント「Special Night in Hong Kong ~itadakimasu~」に脇屋が参加しました。これはアジアに向けて日本の食材・食文化の魅力を広く発信することを目的としたイベントで、香港の文化人やメディアを招き、日本産食材を使用した中国料理のフルコースをお楽しみいただきました。
香港やマカオのトップシェフ4名に脇屋が加わり、京野菜や秋田のじゅんさい、とうもろこし、和牛、米、昆布、なまこ等々日本の恵みを活かしたコース料理は舌の肥えた地元香港の方にも好評でした。
日本産の食材を広範囲に、そして継続的に広めていくにはその土地固有の料理(中国や香港であれば中国料理)に使用してもらうことが大切、という考えからスタートした今回のイベント、日本産の食材の魅力を知ってもらうきっかけになったのではないでしょうか。今後も日本の食材や食文化を世界に発信するお手伝いができたら!と脇屋はますます張り切っています。