脇屋です。
昨日、今日と2カ月ぶりの料理教室。お客様の笑顔とやる気、そして暑い暑いと言いながら厨房の中での皆さんの質問はプロ並み!圧倒されました。皆さんのリクエストはあまり手がかからず、できるだけ手軽に美味しいもの、という難題。それで、今回はWakiyaのドレッシングを使った料理を中心に紹介しました。
一品目は甜麺醤と芝麻醤を合わせた中国風のなす田楽。賀茂なすのジューシーさに味噌が絡まり絶妙な味。蓮の葉の上に焼きあがったものをのせ、まわりに色々な野菜を飾れば目にも鮮やかな前菜の出来上がり。
続いては、Wakiyaの「ピリ辛十味ドレッシング」を使って揚げ物。「ドレッシングは生野菜にかけるだけじゃないんですよ」と言ったところ、皆さん「えーーーー!?」鶏肉を小口にカットし、ピリ辛十味ドレッシングを絡め、卵と小麦粉をつけて油で揚げる。カリカリッに揚がったところで取り出し、今度は沢山の唐辛子、山椒を炒めて香りを出し、分葱を加える。そこに鶏肉を戻しさっと和えてできあがり。その香ばしさといったら目にしみるほど。「ピリ辛十味ドレッシング」の味が鶏肉にのり、思わずビールを3杯飲みたくなる美味しさ!夏場は辛いものを汗だくだくかいて、アーとかヒーとか言いながら食べるのが旨さのひとつである。
もうひとつのドレッシングは「チャイナでトマト」。美味しいフルーツトマトを3個カットし、「チャイナでトマト」を大さじ6と混ぜ合わせ、そこに大さじ2の酢を加えるだけ。これで何と“トマトの冷やし麺”のタレが出来上がり。あとはきゅうり、大根、セロリなどを細く切り、ボイルして冷たーく冷やした麺に盛り付ければできあがり。ビタミンいっぱいで美味しい。ぜひお試しあれ。これは簡単すぎるので、もう一品。 なす、ズッキーニ、玉ねぎ、トマト、きゅうり、ピーマンなどをサラダオイルで炒め、油むきしておいたトマトの乱切りを加えてさらに炒めること2分。トマトから水分がでてきたら、「チャイナでトマト」を大さじ6。ジュワジュワーとトマトが溶け出し、野菜に絡まればOK!塩が足りなければ少々、最初ににんにくを炒めてもよし。冷やしたものをお豆腐にのせて食べれば、これまた美味しいチャイナ冷奴。

まだまだレシピーはありますが、今日はこのくらいで止めておきます。興味のある方はぜひお試しください。手軽で美味しく栄養満点の料理ができること間違いなし。
それでは、また。

Wakiyaのドレッシングに関するお問合せはこちらまで。
TEL: 03-3568-1888
info@wakiya.co.jp